2009年10月13日

m-flo SOUND-BOY THRILLER feeeeeeeeeeat. LISA 無料PV視聴 動画

m-flo SOUND-BOY THRILLER feeeeeeeeeeat. LISAは、SOUND BOY THRILLER feeeeeeeeeeat.LISA」は、2009年10月07日発売の『MF10(エムエフテン)』に収録の楽曲。

デビュー10周年を記念したオールタイムベストアルバム。同アルバムに収録される新曲は、元メンバーLISAを迎えての10周年記念アンセムとも呼ぶべき1曲。


m-flo SOUND-BOY THRILLER feeeeeeeeeeat. LISA 無料PV視聴 動画



■MF10 -10th ANNIVERSARY BEST

ディスク:1
1. SOUND BOY THRILLER feeeeeeeeeeat. LISA
2. Mirrorball Satellite 2012
3. flo jack
4. How You Like Me Now?
5. been so long
6. The Way We Were
7. Yours only,
8. Hands
9. One Sugar Dream
10. prism
11. orbit-3
12. Come Back To Me
13. L.O.T.(Love Or Truth)
14. come again

ディスク:2
1. Lotta Love / loves MINMI
2. miss you / loves melody. & Ryohei
3. Luvotomy / loves 安室奈美恵
4. the Love Bug / loves BoA
5. Love Song / loves BONNIE PINK
6. DOPEMAN? / loves Emyli & Diggy-MO'
7. STARSTRUCK “The Return of the LuvBytes” / loves AI & 日之内絵美 & Rum (Heartsdales)
8. Summer Time Love / loves 日之内エミ & Ryohei
9. ONE DAY / loves 加藤ミリヤ
10. let go / loves YOSHIKA
11. A.D.D.P. / loves MONDAY満ちる
12. HEY! / loves Akiko Wada
13. Cosmic Night Run / loves 野宮真貴 & CRAZY KEN BAND
14. REEEWIND! / loves Crystal Kay

m-flo10周年記念オールタイムBEST ALBUM発売決定!

CDはLISA在籍時代の【TRIPOD DISC】(1999-2002)と、脅威のコラボレーションを展開した【Loves DISC】(2003-2008)の2枚組。
7/7から実施されているファン投票とメンバーセレクトによって収録楽曲が決定する、すべてのリスナーに感謝を込めた10周年BEST ALBUM!
10周年記念としてオリジナルメンバーLISAを迎えた新曲収録!m-floの歴史を完全網羅した超豪華収録内容!
また、DVDはm-floの歴史をMusic Clipとライヴ映像で伝記的に綴ったMIX DVDを収録!

★プロフィール★
VERBALと☆Takuからなるプロデュースユニット。
98年にインターナショナルスクールの同級生だった☆TakuとVERBALの2人で活動をスタート。
後に、ヴォーカルとしてLISAが加入し、m-floとして本格的に始動。
☆Takuの卓越したクオリティーのトラックにVERBALのフロー、そしてLISAの表現力豊かなヴォーカルが評判となり、インディーズでリリースした曲は驚異的なセールスを記録。
99年7月に1st MAXI SINGLE「the tripod e.p.」でメジャー・デビュー、オリコン初登場でいきなり9位をマークした。
その後も快進撃を続け、SINGLE12枚、オリジナルALBUM2枚をリリースし大ヒットをおさめた。02年にLISAがソロ活動に専念するため脱退。
03年、さまざまなアーティストとコラボしていくという“Loves”シリーズで日本の音楽史に旋風を巻き起こした。
05年には日本武道館でのワンマンライヴを、07年には横浜アリーナ公演をかつてないほどのスケールで大成功させる。
また“ROCK IN JAPAN FESTIVAL”や“SUMMER SONIC”などのステージにも登場するなど、アンダーグランドからオーバーグラウンドまで、縦横無尽な活動で、日本の音楽シーンに新たな風を吹き込んだ。
08年、41組とのコラボレーションを実現した“Loves”シリーズに終止符を打ち、新たな可能性を求め、プロデュースやリミックス、DJ、また自身のブランドや別ユニットなど個々の活動でも活躍している。

タグ:m-flo
posted by PV野郎 at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | m-flo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。